スケート場は身近な娯楽

元気にアウトドア

スケート場は身近な娯楽

スケート場は日本各地にあり、一般的な娯楽とスポーツになっているようです。
日本には約115か所のスケート場=スケートリンクがあり、多くの人が一度位は体験したことがあるのではないでしょうか。

屋内型と屋外型があり、季節を問わずにスケートを楽しむことができるようになっています。
特に屋内型のスケート場は、一般の人が気軽に立ち寄りスケートができる場所として、存在しているようです。

用具としては、帽子又はヘルメット、服装は動きやすい長そで、長ズボンがおすすめです。
手袋と靴下も必要です。

スケートをする場合に一番重要な道具は「靴」です。
スケート場に貸靴が用意されており、サイズにあった靴を選ぶことが大切です。
ほとんど靴紐タイプのフィギュアの靴がレンタルされているようです。
靴が合っていないとスケートは楽しめないという程、靴の相性が重要ですから、靴を借りるときにはサイズをしっかりと確認し、履いてためしてみることが必要です。
靴が合わないようであれば、何度でも靴を変えて試してみましょう。

もっと詳しいことはコチラ→

check

小田原で人気の塾

最終更新日:2018/4/23