バッティングセンターでストレス発散

元気にアウトドア

バッティングセンターでストレス発散

バッティングセンターでストレス発散、とバッティングセンターを利用する方も多いかもしれません。
1965年に東京で初めてバッティングセンターがオープンしたということです。
30年程前は多くのバッティングセンターファンがいたようですが、今ではかなりレアな遊びとして存在しているようです。

機械から投げ出されるボールをバッターボックスに入り打ちます。
ピッチングマシンから投げられるスピードは調整することができ、急速はそれぞれのバッターボックスによって変えられているようです。
コイン、メダル、プリペードカードを機械に入れるとピッチングマシンから等間隔で投げ出されてきます。

慣れないうちは、ボールにバットを当てることもできない程のスピードがあるようです。
バッティングセンターでボールを打つコツがあるようで、バットは短く持ち、顔の位置を動かさず、力まないで打つといったことが必要です。
バッターボックスに入る前には準備運動も欠かさないことです。
だいたい30球程度の球数で、300円程度の料金が相場のようです。

もっと詳しいことはコチラ→

Valuable information

2016/4/27 更新